らっしーの日本語の練習場

らっしーがぐだぐだ綴ります

一日の中でどの時間帯が一番好きか、と聞かれたら、僕は間違いなく夜だと答えるだろう。

 

朝よりも昼。昼よりも夜が好きだ。

 

朝はなんだか急かされている気がして苦手。

おちおちしていたら、あっという間に昼になってしまう。

 

昼も同じ。必死に過ごしているうちに夕方になり、いつの間にか日が沈む段階になる。太陽は意地悪だ。

 

朝も昼も"終わり"を感じさせられてしまうところが、なんだか哀しい。

 

それに比べて夜はよい。

たとえ錯覚でも、永遠を感じさせてくれる。

刻々と深まっていく夜は、まるでいつまでもこの一瞬が続くような気分にさせてくれる。

夜空の星も月も、静かに柔らかく見守ってくれる。

夜風は涼しく柔らかく体を包み、遠くの電車の警笛や車の走り去る音を運んで来る。

 

人が街が寝静まった夜はとても静かで、考え事は深く繊細に進んでいく。

日中だったら考えられないことも、夜の闇によって壁が取り払われ、思考はどこまでも飛んでいき、広がっていく。

それこそ膨張し続ける宇宙のように。

僕らは広大な宇宙の一部で、考える一本の葦だ。

 

夜の中でも10時を過ぎた頃合いが好きだ。

この時間帯を一体なんというのだろう。

街が少しずつ落ち着きを取り戻し、人が夢の中に入り始める頃。

多くの人が寝ている中で、自分だけが起きているとき、まるでこの世界を独り占めしているような贅沢な気分に浸れる。

 

こんな時間でも、東京ではたくさんの人が夜通しきらきらとした時間を過ごしている。

それも良い。

魅惑的なネオンの光に当てられて、あるいは導かれて、幻想的な時間を過ごす。それもまた良し。

 

夜は僕らは一人ぼっちにする。

孤独になって、不安になる。

 

その孤独や不安を一人で堪能するもよし。

孤独を埋めるように、夜な夜な友達や恋人と遊んだりするもよし。

 

そしてそんな僕たちを、優しく夜は包み込んでくれる。 

そんな夜が好きだ。