らっしーの日本語の練習場

らっしーがぐだぐだ綴ります

ネット上での晒しの犯人をIPアドレスで特定する手順

先日とある掲示板にて晒しを受けました。

インターネット上での嫌がらせ行為を受けるのは初めてではなかったものの、個人情報を掲示板に晒されると言うのは、いささか度が過ぎていると判断したため今回は動くことにしました。

 

f:id:ma-ly321-luna-notte:20170910230811j:plain

 

コンピューターネットワークは、TCP/IPと通信技術によって、支えられています。

TCPは"Transmission Control Protocol"の略で、伝道制御プロトコルといい、IPは"Internet Protocol"の略で、ネットワーク間プロトコルといいます。

プロトコルは通信規約とも言って、要はデータの送受信における手順・ルールのようなものです。このプロトコルを土台として私たちの通信機器は情報のやりとりを行うことができています。

 

そして、このIPにはアドレスが割り当てられており、それをIPアドレスといいます。
このIPアドレスが、コンピューターネットワーク間の識別番号として機能します。

例えるのなら、ネットワークが大学で、IPアドレスは学生証番号のようなもの。
一つ一つの通信機器に割り当てられるわけで、裏を返せばIPアドレスを持っていなければ(あるいは不正であれば)ネットワークに参加することはできないし、IPアドレスを辿ることで利用者を追跡することもできるわけです。

 

IPアドレスにはグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスがあります。ネット上での名誉毀損などの時に問題となるのは、グローバルIPアドレスの方になるので、今回はプライベートIPアドレスについての説明は一旦省きます。

 

グローバルIPアドレスは、ネットワークに繋がっている機器が一つ一つ識別可能にするために、重複しないように割り当てられています。

ということはIPアドレスがわかれば、すぐに相手が特定できるのでしょうか?

 

残念ながらそう簡単にはいかないようです。

 

現在の私たちが利用しているIPアドレスは動的IPアドレスといって、プロバイダの都合によって頻繁に変更されるものです。
仕組みとしては、ISP(インターネットサービスプロバイダ)が発行できるIPアドレスをあらかじめ確保しています。

それを利用者が情報通信機器でインターネットに接続する度に、確保しているIPアドレスのうち、空いているIPアドレスを割り当てると言う仕組みです。

 

犯罪捜査的には非常に非効率な気もしますが、現在のIPアドレスの仕組みは主にIPv4IPv6に移行しつつある)といって、発行できるIPアドレス数が42億通りに限られており、一つ一つの機器に静的なIPアドレスを割り当てていたら枯渇してしまうのです。そのため、今のような形式を取っているのでしょう。なお、IPv6に完全に移行すれば、発行できるIPアドレスはほぼ無限と言われています。

参考:IPアドレスとは パソコン初心者講座

 

ではIPアドレスによる逆探知は不可能なのでしょうか?

こちらも必ずしもそうではありません。
プライバシーの侵害や誹謗中傷に遭遇した場合は、まずはそのサイトの管理者に連絡し、投稿が行われた時刻とIPアドレスを教えてもらうことになります。


この時、時刻については秒単位で教えてもらうことが必要です。

プロバイダは瞬間瞬間でIPアドレスの割り当てを切り替えているため、投稿者の個人情報に迫るためには、その時間その瞬間のIPアドレスが必要なのです。

 

そうして投稿者のIPアドレスと投稿時刻を入手したら、プロバイダに情報開示請求を行います。

プロバイダは先ほども出ていたISP(インターネットサービスプロバイダ)で、インターネット上の関所みたいなものです。

有名なサービスではspモード、so-net、OCNなどがあります。

開示請求を行う先のプロバイダは、こちらのサイトなどでIPアドレスを入力すると、サービス名の所に表示されます。

ドメイン/IPアドレス サーチ 【whois情報検索】

 

そしてもう一つ、プロバイダ責任制限法について。

プロバイダ責任制限法とは、ネット社会において情報が自由にやりとりされることによって名誉毀損著作権侵害プライバシー権侵害などの問題が発生した場合に、プロバイダやサイト管理者などの損害賠償責任を制限する法律です。

(中略)

プロバイダ責任制限法では、ネット上で誹謗中傷などの被害を受けた場合、被害者に「送信防止措置請求(削除など)」ができる権利を認めています。

さらに、誹謗中傷などを行った犯人を特定するために、被害者がサイト管理者などに対して「発信者情報開示請求」ができる権利も認めています。

プロバイダ責任制限法を使いこなそう! | 弁護士相談Cafe

つまり、プロバイダが責任を持って関所を設けているにも関わらず、インターネット上で悪質な行為が行われた際に、プロバイダが責任逃れをするための法律です。

この法律の中で、被害者を守るとともに、加害者の情報を開示し、法的措置を講じる権利を認めているわけです。

ステップとしては、

IPアドレスからプロバイダ名を確認

②プロバイダを運営している会社に問い合わせて、情報開示請求のために必要なことを教えてもらう

③(おそらく)投稿時刻(秒単位)+IPアドレス+証拠書類+発信者情報開示関係書式(PDF)+身分証明を揃えて送付する

④開示に当たって、加害者に「開示しても良いですか?」と通達が行くが、加害者が断っても、れっきとした理由・証拠があれば開示されるらしい。

 

以上のような流れになるかと思います。

発信者情報開示関係書式は、プロバイダ責任制限法関連情報Webサイトからダウンロードできます。

 

さて、今回行われた悪質な晒しに対して、法的措置を取らせてもらいました。

個人情報の公の場への晒しはプライバシー権の侵害であり、明白な犯罪行為にあたります。

一度掲示板のような場所に個人情報が流出してしまえば、拡散を止めることは難しいです。

 

既に出た損害の賠償請求と、今後のさらなる加害行為の再発防止のためにも、犯人特定に向けて動くことにいたしました。

 

問題のある投稿に関しては掲示板サイトの管理人に連絡して削除をしていただいた上で、投稿が行われた時刻とIPアドレスを提供していただき、既にプロバイダ責任制限法に則って、インターネットプロバイダに情報開示請求を行なっています。

 

判例もあるため、数週間以内に開示が行われることでしょう。

その後損害賠償請求(慰謝料請求)をさせていただく予定です。

※慰謝料の相場は10万〜50万のようです。

  

現時点まででやるべきことはし終えたので、あとは待つだけです。

 

 

できる限り穏便に済ませたいところですが、犯人の出方次第では、名前の公開もやむを得ないかもしれません。

 

いやはや、この1週間は大変でした。

まさか自分が巻き込まれるとはと思いましたよ。

皆さんもお気をつけくださいませ。