らっしーの日本語の練習場

らっしーがぐだぐだ綴ります

一日の中でどの時間帯が一番好きか、と聞かれたら、僕は間違いなく夜だと答えるだろう。

 

朝よりも昼。昼よりも夜が好きだ。

 

朝はなんだか急かされている気がして苦手。

おちおちしていたら、あっという間に昼になってしまう。

 

昼も同じ。必死に過ごしているうちに夕方になり、いつの間にか日が沈む段階になる。太陽は意地悪だ。

 

朝も昼も"終わり"を感じさせられてしまうところが、なんだか哀しい。

 

それに比べて夜はよい。

たとえ錯覚でも、永遠を感じさせてくれる。

刻々と深まっていく夜は、まるでいつまでもこの一瞬が続くような気分にさせてくれる。

夜空の星も月も、静かに柔らかく見守ってくれる。

夜風は涼しく柔らかく体を包み、遠くの電車の警笛や車の走り去る音を運んで来る。

 

人が街が寝静まった夜はとても静かで、考え事は深く繊細に進んでいく。

日中だったら考えられないことも、夜の闇によって壁が取り払われ、思考はどこまでも飛んでいき、広がっていく。

それこそ膨張し続ける宇宙のように。

僕らは広大な宇宙の一部で、考える一本の葦だ。

 

夜の中でも10時を過ぎた頃合いが好きだ。

この時間帯を一体なんというのだろう。

街が少しずつ落ち着きを取り戻し、人が夢の中に入り始める頃。

多くの人が寝ている中で、自分だけが起きているとき、まるでこの世界を独り占めしているような贅沢な気分に浸れる。

 

こんな時間でも、東京ではたくさんの人が夜通しきらきらとした時間を過ごしている。

それも良い。

魅惑的なネオンの光に当てられて、あるいは導かれて、幻想的な時間を過ごす。それもまた良し。

 

夜は僕らは一人ぼっちにする。

孤独になって、不安になる。

 

その孤独や不安を一人で堪能するもよし。

孤独を埋めるように、夜な夜な友達や恋人と遊んだりするもよし。

 

そしてそんな僕たちを、優しく夜は包み込んでくれる。 

そんな夜が好きだ。

ネット上での晒しの犯人をIPアドレスで特定する手順

先日とある掲示板にて晒しを受けました。

インターネット上での嫌がらせ行為を受けるのは初めてではなかったものの、個人情報を掲示板に晒されると言うのは、いささか度が過ぎていると判断したため今回は動くことにしました。

 

f:id:ma-ly321-luna-notte:20170910230811j:plain

 

コンピューターネットワークは、TCP/IPと通信技術によって、支えられています。

TCPは"Transmission Control Protocol"の略で、伝道制御プロトコルといい、IPは"Internet Protocol"の略で、ネットワーク間プロトコルといいます。

プロトコルは通信規約とも言って、要はデータの送受信における手順・ルールのようなものです。このプロトコルを土台として私たちの通信機器は情報のやりとりを行うことができています。

 

そして、このIPにはアドレスが割り当てられており、それをIPアドレスといいます。
このIPアドレスが、コンピューターネットワーク間の識別番号として機能します。

例えるのなら、ネットワークが大学で、IPアドレスは学生証番号のようなもの。
一つ一つの通信機器に割り当てられるわけで、裏を返せばIPアドレスを持っていなければ(あるいは不正であれば)ネットワークに参加することはできないし、IPアドレスを辿ることで利用者を追跡することもできるわけです。

 

IPアドレスにはグローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスがあります。ネット上での名誉毀損などの時に問題となるのは、グローバルIPアドレスの方になるので、今回はプライベートIPアドレスについての説明は一旦省きます。

 

グローバルIPアドレスは、ネットワークに繋がっている機器が一つ一つ識別可能にするために、重複しないように割り当てられています。

ということはIPアドレスがわかれば、すぐに相手が特定できるのでしょうか?

 

残念ながらそう簡単にはいかないようです。

 

現在の私たちが利用しているIPアドレスは動的IPアドレスといって、プロバイダの都合によって頻繁に変更されるものです。
仕組みとしては、ISP(インターネットサービスプロバイダ)が発行できるIPアドレスをあらかじめ確保しています。

それを利用者が情報通信機器でインターネットに接続する度に、確保しているIPアドレスのうち、空いているIPアドレスを割り当てると言う仕組みです。

 

犯罪捜査的には非常に非効率な気もしますが、現在のIPアドレスの仕組みは主にIPv4IPv6に移行しつつある)といって、発行できるIPアドレス数が42億通りに限られており、一つ一つの機器に静的なIPアドレスを割り当てていたら枯渇してしまうのです。そのため、今のような形式を取っているのでしょう。なお、IPv6に完全に移行すれば、発行できるIPアドレスはほぼ無限と言われています。

参考:IPアドレスとは パソコン初心者講座

 

ではIPアドレスによる逆探知は不可能なのでしょうか?

こちらも必ずしもそうではありません。
プライバシーの侵害や誹謗中傷に遭遇した場合は、まずはそのサイトの管理者に連絡し、投稿が行われた時刻とIPアドレスを教えてもらうことになります。


この時、時刻については秒単位で教えてもらうことが必要です。

プロバイダは瞬間瞬間でIPアドレスの割り当てを切り替えているため、投稿者の個人情報に迫るためには、その時間その瞬間のIPアドレスが必要なのです。

 

そうして投稿者のIPアドレスと投稿時刻を入手したら、プロバイダに情報開示請求を行います。

プロバイダは先ほども出ていたISP(インターネットサービスプロバイダ)で、インターネット上の関所みたいなものです。

有名なサービスではspモード、so-net、OCNなどがあります。

開示請求を行う先のプロバイダは、こちらのサイトなどでIPアドレスを入力すると、サービス名の所に表示されます。

ドメイン/IPアドレス サーチ 【whois情報検索】

 

そしてもう一つ、プロバイダ責任制限法について。

プロバイダ責任制限法とは、ネット社会において情報が自由にやりとりされることによって名誉毀損著作権侵害プライバシー権侵害などの問題が発生した場合に、プロバイダやサイト管理者などの損害賠償責任を制限する法律です。

(中略)

プロバイダ責任制限法では、ネット上で誹謗中傷などの被害を受けた場合、被害者に「送信防止措置請求(削除など)」ができる権利を認めています。

さらに、誹謗中傷などを行った犯人を特定するために、被害者がサイト管理者などに対して「発信者情報開示請求」ができる権利も認めています。

プロバイダ責任制限法を使いこなそう! | 弁護士相談Cafe

つまり、プロバイダが責任を持って関所を設けているにも関わらず、インターネット上で悪質な行為が行われた際に、プロバイダが責任逃れをするための法律です。

この法律の中で、被害者を守るとともに、加害者の情報を開示し、法的措置を講じる権利を認めているわけです。

ステップとしては、

IPアドレスからプロバイダ名を確認

②プロバイダを運営している会社に問い合わせて、情報開示請求のために必要なことを教えてもらう

③(おそらく)投稿時刻(秒単位)+IPアドレス+証拠書類+発信者情報開示関係書式(PDF)+身分証明を揃えて送付する

④開示に当たって、加害者に「開示しても良いですか?」と通達が行くが、加害者が断っても、れっきとした理由・証拠があれば開示されるらしい。

 

以上のような流れになるかと思います。

発信者情報開示関係書式は、プロバイダ責任制限法関連情報Webサイトからダウンロードできます。

 

さて、今回行われた悪質な晒しに対して、法的措置を取らせてもらいました。

個人情報の公の場への晒しはプライバシー権の侵害であり、明白な犯罪行為にあたります。

一度掲示板のような場所に個人情報が流出してしまえば、拡散を止めることは難しいです。

 

既に出た損害の賠償請求と、今後のさらなる加害行為の再発防止のためにも、犯人特定に向けて動くことにいたしました。

 

問題のある投稿に関しては掲示板サイトの管理人に連絡して削除をしていただいた上で、投稿が行われた時刻とIPアドレスを提供していただき、既にプロバイダ責任制限法に則って、インターネットプロバイダに情報開示請求を行なっています。

 

判例もあるため、数週間以内に開示が行われることでしょう。

その後損害賠償請求(慰謝料請求)をさせていただく予定です。

※慰謝料の相場は10万〜50万のようです。

  

現時点まででやるべきことはし終えたので、あとは待つだけです。

 

 

できる限り穏便に済ませたいところですが、犯人の出方次第では、名前の公開もやむを得ないかもしれません。

 

いやはや、この1週間は大変でした。

まさか自分が巻き込まれるとはと思いましたよ。

皆さんもお気をつけくださいませ。

自信と強制と肯定と

※かなり読みづらく書いてます。

 

自信。

 

舞台にいる限り、たとえ根拠がなくても私たちは自分を信じなければならない。
嘘でも自信を持たなければ、挑戦することもできないのだから。

 

根拠ない自信を持つことへの抵抗感。
それはきっと…

自信を持ってしまえば、そもそも自分が戦場にいること自体が間違いであることを疑うことができなくなるから。

 

 

いったいあの時間に何の意味があったのだろうか。

どこを振り返っても、後になって意味を見出そうとしても、少なくとも今の私にとっては無意味としか思えなかった。

真剣に楽しくやっていた仲間には申し訳ないが、残念ながら私にとってあの時間は苦痛でしかなかった。

忍耐の時間であり、復讐の機会を淡々と狙う場であり、生気を抜きとられた日々であった。

意味がわからなかった。

楽しそうにそれをする人たちのことが理解できなかった。

何を話しているのかさっぱりだった。

どうして朝も昼も夜もそれをしたがるのかわからなかった。


 

きっと、もっと純粋に楽しむ時間を設けるべきだったのだろう。

何をしても褒められる環境のもとそれを始めればよかったのかもしれない。

いきなり競争の中に投げ込まれたが故に、それ自体を楽しむ余裕なんてなかったのだ。

毎日が必死で、戦場だった。

その狭い社会で生き抜くので精一杯だった。

 

 

続ける中で楽しみを見出すことができるのは限られた人たちだけだと思う。

その他大勢の才能がない人たち ー頑張りたいととは思っていても努力できない人たちを含むー は、することを強いられるものに対して、楽しみを見出すことなどできない。

これは強制の負の側面だ。

 

私は少なくとも…勉強においては才能があった。

私は学ぶことは苦ではない。純粋に楽しい。

医学だけじゃない、あらゆる分野の知識を貪欲に得ることは、面白くて寝る間も惜しんで没頭することすらある。学んだ知識が結びついていく瞬間には心が踊る。

でも、多くの人は勉強は嫌いだ。宿題や期末試験に良い思い出などないだろう。
学校や塾といった強制的な学習の先に、楽しみを見出すことができたのは、小学校のときから学びが自己肯定と結びついていたからかもしれない。

 

私にとって、それは軍隊だった。

理不尽に耐え、より強い心と強い肉体を育てることだった。

いつまでもその場にいることに自信が持てず、続ける意味を見出せないまま惰性で続け、自主的に求められる以上のことはしなかった。

 

私はそれを最初から最後まで好きになることできなかった。